ティラピアのケイジャンスパイス焼き

アメリカのスーパーで手に入り易いティラピア(Tilapia)という白身の魚をケイジャンスパイスで味付けして焼き、トマトとシラントロ(Cilantro)をトッピングしました。ケイジャンスパイスは、塩コショウする感覚で使えて、日本人好みの味で、チキン、白身の魚、エビなどに良く合うので便利です。シラントロは、殆どの日本人は苦手なようですので、パセリかタマネギ(紫オニオンなど辛くない物)を代用したり、トマトだけでもといいと思います。トマトなしでも十分美味しいですが、トマトをのせることで、とてもさっぱりした感じになります。魚はティラピアの変わりに、他の白身魚かナマズ(Catfish)でもいいと思います。 (長期滞在者より)

材料

ティラピア    1人あたり2切れ
トマト    適宜
シラントロ   

適宜

ケイジャンスパイス   適宜
小麦粉   適宜
ベジタブルオイル   少々



ケイジャンスパイス
Luzianne
Cajun Seasoning
作り方
  1. ケイジャンスパイスをティラピアの両面にすりかけ、小麦粉をまぶす。
  2. フライパンにベジタブルオイルを熱し、1のティラピアを両面こんがりと焼く。
  3. スパイシーなのが好きな場合は、さらにケイジャンスパイスをふりかける。ケイジャンスパイスは、食べる時に味をみてからかけたしてもてもいいです。
  4. トマトは、サイコロに、シラントロは、荒みじん切りにする。
  5. こんがりと焼けたティラピアの上に、4のトマトとシラントロをのせる。