キャベツ (Cabbage) & レタス (Lettuce)

Burussels Sprout

芽キャベツは、日本の物と同じで、独特の匂いと苦みがある。

Cabbage
日本のキャベツに比べると少し硬い。千切りキャベツなど、生のままで食べるには少し硬いこともあるけれど十分食べられる。味は、日本のものと殆ど同じ。硬さが気になる場合は、Savoy Cabbage を使うと良い。

Savoy Cabbage
葉が縮れているちりめんキャベツ(Savoy Cabbage)は、普通のキャベツ(Cabbage)に比べると柔らかい。amerikano アメリカのキャベツ(Cabbage)の硬さが気になる場合はちりめんキャベツ(Savoy Cabbage)で代用すると良い。値段は、普通のキャベツ(Cabbage)より高い。

Radicchio

Radicchioは少し苦味があり、Italian Chicoryともいう。赤いBelgium Endiveに似ている。サラダに入れたり、生で食べる他、グリルしたりする。

Red Cabbage

紫キャベツは、Red Cabbage という。サラダに入れたり、ピックルにしたりする。葉は、かなり硬い。

Chinese Cabbage/Nappa Cabbage

白菜はアメリカの普通のスーパーでも簡単に手に入りますし、アジア系の食料品店でも大体何時でも手に入ります。

Boston Lettuce

葉がとても柔らかくて美味しい。焼肉などを包んだりするのに向いている。

Endive Chicory
硬くて苦味があるのであまり美味しくないが、葉の形がギザギザしていて変わっているので、他のレタスと混ぜて使うと変化があって面白い。

Escarole
硬くて少し苦味がある。

Green Leaf Lettuce

Red Leaf Lettuce に比べると少し硬い。

Ice Berg Lettuce

日本で一般にレタスとよばれているもの。味も歯ごたえも日本と同じ。

Red Leaf Lettuce
日本で、サニーレタスと呼ばれているもの。
赤味のある葉で、柔らかくて美味しい。
Romaine Lettuce
葉の形は細長い楕円で、シャキシャキした歯ごたえが美味しい。シーザーサラダには、欠かせないレタス。
Romaine Lettuce Hearts

Romaine Lettuceの中心部分。Publix でビニールのパックの中に3個入りで売られている。歯ごたえがあって美味しい。茎に近い部分は、みずみずしくて、シャキシャキしている。苦味がなくてとても食べやすい。


Last updated on March 15, 2004