Poison Ivy


Poison Ivy
Poison Ivy は、アメリカではハワイやアラスカなどの1部を除きどこにでもある植物で、裏庭や公園などいたるところに生えています。

Poison Ivy は、写真のように3つに分かれた葉を持っているが特徴で つたのように木に這い登っているものと 低木のものがあります。 春から秋にかけて 写真のように緑色の葉を持ちますが 秋になると紅葉して、冬には葉が落ちます。

Poison Ivy にアレルギーの人がその葉や茎などに触ると、強い痒みを伴う赤い発疹や水泡ができます。普通は春から夏にかけて被害が多いのですが、冬は葉がないために、Poison Ivy と知らずにつたの部分に触ってしまうこともありますので、油断できません。

又、直接 Poison Ivy に触らなくても、散歩の時などに犬の毛に付いた毒や、庭仕事に使った道具に付いた毒などに触ってもだめです。

Poison Ivy は、枯れてもまた燃やしてもその毒性が消えませんので、触るのはもちろんですが、燃やした煙を吸うのも大変危険です。

もし Poison Ivy に触ってしまった時は、できるだけ早く水で洗い流します。 
Poison Ivy用の塗り薬はお店で買えますが、症状がひどい時には医者に処方箋を出してもらいます。

庭などに生えている Poison Ivy の除草剤は、Home Depot や WalMart などのお店で買えます。

Poison Ivy のほか Poison Oak や Poison Sumac にも注意が必要です。それらの写真や詳しい説明は、以下のサイトを見て下さい。

   
Last updated on April 24, 2003