サソリ (Scorpions)

サソリは、砂漠にいるというイメージが強いため、アラバマにはいないと思っている人が多いかもしれませんが、家の地下室に出るという話は、珍しくありません。実際にサソリに刺された日本人もいます。そのサソリは小さく、たいしたことはなかったそうですが、それ以来ペストコントロールに頼んで、粘着性の物質でサソリをとる仕掛け(ゴキブリホイホイのような物)を地下室に置いているそうです。

下の写真は、North Shelby County の家に出たサソリです。写真のサソリはそれ程大きくありませんが、ペストコントロールの人の話では、もう少し大きいものが出る家もあるそうです。また、Hoover や Vestavia Hills の家でも出たという話を時々聞きます。

拡大写真を見る。


アラバマには、
Buthidae と Vaejovidae という2種類のサソリがいます。Buthidae 属は、小〜中(20mm〜120mm)のサイズで三角の胸版を持ち、多くの種類は黄色か茶色ですが、黒い種類もいます。Buthidae 属の仲間の数種類は、強い毒を持っています。一方、Vaejovidae 属の多くは、刺されると強い痛みがありますが、健康な人には危険はないと信じられています。詳しい情報は、http://www.angelfire.com/tx4/scorpiones/index.html のサイトを参照。
  • Buthidae
  • Vaejovidae

     
Last updated on November 23, 2003